Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://cherrychai.blog43.fc2.com/tb.php/94-3f538e3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トルコ旅行記(≧▽≦)ノ②

2006年8月26日(土)

モーニングコールで起床。
ホテルのレストランで朝食を食べる。


パンがおいしい♪
調子に乗って食べてたら食べ過ぎた(^-^;)


さあ。今日はいよいよイスタンブール市内観光!
みんなで昨日のバスに乗り込む。

このツアーでは最後のほうまでこのバス&ドライバーさん。
当然、添乗員(K原)さんや現地ガイド(Aポ)さんも一緒。
なんか、ちょっと安心ですね!

コンスタンチノープルのヒポドローム「馬の広場」を意味し、
4世紀にエジプトから持ち込まれて競馬場の中心に据えられたオベリスク。


そしてすぐ隣にブルーモスクが。
入り口で靴を脱いで中に入る。


そしてAポさんの説明を聞き、写真撮影。

1616年にアフメト1世が建設させたモスク。
正式名称スルタンアフメト・モスク。
6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、数万枚のイズニク製タイルによって青く輝くことから「ブルー・モスク」と呼ばれている。


ここにはクモがでるから、クモよけにドームの(シャンデリアを吊っている) 部分にダチョウの卵が置いてある。
この匂いが嫌いだからクモが出なくなるらしい。


ブルーモスクからアヤソフィアに歩いて移動。
途中、陽気な格好をした人がいて、Aポさんに聞いてみると
Aポ「あれは、ジュース売りです。写真を撮るとお金をくれと言うことがあるから、撮らないで下さい。」
隠し撮りしたかったー。


アヤソフィア・モスク
360年建設、537年再建のキリスト教の大聖堂で15世紀からのオスマン帝国時代にはモスクに転用された。
再建時以来の直径31mの大ドームとモザイク画、モスク時代に付け加えられた4本のミナレットをはじめとするモスクとしての装飾が残る。
同じ祭壇でも、キリスト教とイスラム教で教壇の方角が違っている。キリスト教はエルサレムの方向、イスラム教はメッカの方向を向いている。

ここには可愛いにゃんこがいっぱい!
みんな、猫に首っ丈になって写真を撮っていたら、ガイドのAポさんが
「いっつもそう。犬と猫のツアーにしたらいいね。」
と嘆いてたw



トプカプ宮殿
15世紀~19世紀、オスマン帝国の君主が居住した宮殿。帝国の政治と公的行事が執り行われていた。数百年にわたって増築を繰り返された宮殿建築が残る。
ここは広い。大きい宝石なんかもゴロゴロ飾ってある。
40分の自由時間じゃ回りきれなかった!


みんな歩き回ってお腹が空いてきたところで、お昼ご飯の時間です。
バスに乗って、ちょっと移動。
レストランでドネルケバブを食べる。


ピクルス。Yんが辛い辛いと言っていたのは…唐辛子w


お豆のスープ。ちょっと薄味。けど美味しい。


お肉柔らかいー。ピラフうまいー。

イメージしてた手で持って食べるやつじゃなくて、お皿に出てきた。
横に添わっているピラフが美味っ(*^-^*)お肉も柔美味っ


そしてお昼を食べた後は一路アンカラへ。
バスで…6時間くらいだっけ。
途中サービスエリアでトイレ休憩を取りながら。

サービスエリアでは10分くらいの休憩をとるんだけど、みんなで売店とかをのぞく。
とっても陽気な店員さんがいたり、アイラン(ヨーグルトドリンク)を飲んだり。
なかなか楽しい小休憩。

そうそう、このバスってば結構大きいんだけど、今回のツアー参加者は10人。添乗員さんたちをいれても12人。
ひとり1列(4席)使っても余っちゃう!
だからみんな、右で日差しが当たると左へ。左で日差しが当たると右へ。移動しっぱなしでしたw


だんだん田舎な風景に…


長距離バス移動で、どんなに大変かと思ったけど、そんなこんなで楽しくアンカラまで移動したのでした。


ホテル到着。

アンカラのホテルに到着。
まずはレストランに行って晩御飯(ビュッフェ)。


店員さん「飲み物はどうしますか?ビール、ワイン、ラク…」

rie_neko「ラク下さいっ!!!」

トルコといえばラク。これを飲まずにトルコに来たなんて言えない(?)
K池旦那さんも頼んでた。



ラクに水を入れると



こうなる。

うんっ。おいしい♪
ラクはアニス系のお酒。
かなり独特な香りで、水を入れると白濁する。
実は私の大好物。
家には同じアニス系のペルノがあったり、バーに行って同じくリカールを頼んだり。

まぁ、独特の香りだけに、皆には絶不評でしたが(^-^;)


この日、ホテルでは結婚式が開かれていた。

添乗員のK原さんが
「近くに行って見て来ても良いですよー。」
と言ってたので、部屋に戻ってからYんと2人で見に行ってみた。


と、M野さんも結婚式を見にきていた。

「どこまで入っていいんですかねー」

ホテルのプールサイドでみんな踊りまくりだ。
それを離れたところから見ていた。

と、もっと近くにおいで…と手を振ってくれる人がいる。
せっかくなので、プールの側まで見に行く。
手招きしてくれたおじさんたちと一緒に写真を撮ってもらう♪

…と。

陽気なラインダンスを踊った一行が、私たちの横をスーパーハイテンションで踊りぬけていくw
そして、その一行が踊りの中心に戻っていくとき…

何故か私たちも引っぱっていかれる(^-^;)

気づけば結婚式のど真ん中。
みんなが踊りまくっているところに。
見よう見まねで一緒に踊る。
マイムマイムみたいな…けど、違う踊り。

その曲が終わると、一緒に踊ってた人たちのテーブルに通される。
ケーキやら、フルーツやら、ラクやら…
みんなで乾杯をして、記念写真!

残念ながら、言葉が全く通じない。
なので、また皆で踊りに行く。
途中花嫁さんとも挨拶した。新郎新婦もずーっと踊りっぱなし。
参加者の人たちも大盛り上がり。
なんて素敵な結婚式なんだろう!!。

こんな異国の地で、結婚式に参加させてもらえるなんて…素敵な体験っ。
時間も遅かったし、いつまでもお邪魔しても、と思い切り上げることに。
私たちを気にかけていてくれた人たちに挨拶をしてホテルの中へ。
戻る途中、振り向くと彼らがみんな手を振ってくれている!

振り向くたびに手を振ってくれる。

なんか・・・とっても感動しました。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://cherrychai.blog43.fc2.com/tb.php/94-3f538e3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

リエネコ

Author:リエネコ
文鳥が好きです。
生き物が好きです。
モノヅクリが好きです。
主食はアルコールでした。
料理、手芸、乗馬、フラ・・・やりたいことだらけです。
こんなのがリエネコです。

LOVELOGで『ちぇりちゃい暮らし』を書いていましたが、お引越しの際に消えてしまいました(T▽T)
というわけで、新たにFC2に居を構え、データを拾いながらちまちま復旧していこうと思っています。

2008年4月にまぁくんと入籍。蓮田にお引越しをしました。
もちろん新記事もアップします(^-^)ノシヨロシクデス

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。